武術的視点でスポーツトレーニングを再構築する

「古武術の動きがスポーツに役立つ?!」

スポーツ界にそういう情報が広がり始めて10数年になる。

確かに一流スポーツ選手の動きには優れた武術家の動きと共通する要素がある。

しかし、安直に武術の稽古を取り入れれば、効果があるかといえば、そういうことでもない。

海外の一流のアスリートが武術を学んでいるわけではないからだ。

では、世界水準の選手とそうでない選手の違いはどこにあるのか?

実は、その違いを見つけるヒントこそが「武術」の中にあった。

テニスコーチとして在米26年。田川平が様々なスポーツトレーニングと武術研究の結果、たどり着いた答えとは…。

そして…⇒


ブログ

 世界中でテニススクール しかもインドアテニススクールがこれほど営業している国が他にあるかと思う。
 テニスショップ 、テニスクラブ 、公営コートの数にしても、人口比でみれば日本は世界一である
 そこで 問われるのがコーチの質である。
 現在日本のテニススクール業界では  ジュニア世代にテニスを普及する為に「プレイ アンド ステイ」と呼ばれる コートの広さ、 ボールを規則化し 子供達が簡単にテニスが楽しめるようにと システム化した指導法が広まっているが、いくら システムがしっかりしていても 教える方に問題があれば 意味をなさない。
   では テニスコーチと呼ばれる指導者側のどこに問題があるのだろうか⇒ブログ本文へ


テニス(古武術テニス)班

田川の最も得意とする分野です。

これまで、都内で講演や基本的な技法解説を行なってきました。

また、テニス専門誌、インターネット放送などを通じて情報発信しています。

 

 

 

 

サッカー班

研究会メンバーによる埼玉県内の少年サッカーチーム指導が始まっています。

 

野球・バスケット班

湘南地区の中学生に指導を行なっています