活動内容

「武術とスポーツ研究会」はプロテニスコーチの田川平が、武術の身体技法とスポーツトレーニング研究を融合させて開発した新しい「スポーツ指導法および指導者養成プログラム」を紹介し、その普及・実践のための場を企画・運営するためのグループです。

 

現在、田川を中心に、この試みに賛同する、少人数の有志によって運営されています。

 

活動は、主に「テニス班」「サッカー班」「野球・バスケット班」の3班で、恵比寿の武道場における指導者向けの講習会、小・中学生を対象とした各班の競技別のセミナーなどを行なってきました。

 

2018年は各班の活動の活性化を図り、メディアやWEBを使った情報発信もより積極的に展開していく予定です。