視点

「古武術の動きがスポーツに役立つ?!」

スポーツ界にそういう情報が広がり始めて10数年になる。

「どうすればスポーツが上手くなりますか?」一頃はそんな相談をされて困惑した武術家も多かったという。

確かに一流スポーツ選手の動きには優れた武術家の動きと共通する要素がある。

しかし彼らは武術を学んでいるわけではない。

だからスポーツ選手が武術を学ぶ必要はない。全ての答えはスポーツそのものの中にある。

では、世界水準の選手とそうでない選手の違いはどこにあるのか?

テニスコーチとして在米26年。田川平が様々なスポーツトレーニング研究の末に、出会ったのは「武術」の身体技法研究だった。

確かにそこには様々な問題解決の糸口があった。

研究の結果、世界的な選手が育ち難い競技の問題は、実は日本のスポーツ界で「常識」とされているトレーニング方法にあることも見えてきた。

だが武術ができるようになったからといってスポーツ選手は育てられるものではない。

必要なのは「武術の技法」ではなく、「選手のためのトレーニング方法」なのだから。

ちょっとした発想の転換で動きの質は変わる。だがスポーツの現場で重要なことは競技毎に専門の指導が行なえるかどうかであり、その技術者を育成できるかどうかだ。

私たち「武術とスポーツ研究会」では田川平のスポーツトレーニング理論と指導法を世に問い、普及させるための活動を行っている。

その方法論は専門のテニスはもちろん、野球、バスケット、サッカー、ゴルフにまで広がりつつある。

スポーツ選手は武術など知らなくてもいい。必要なのは「スポーツの正しい知識と技法」なのだ。